建築設計 03 「建築の明日をひらく最若手の言論」

¥ 1,080

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

「建築の若い手、どうか姿を見せてください!」という呼びかけに、全国から124の応募が集まった。本号ではその中から選ばれた23組の論考を収録する。「最若手」の言論から見据える「建築の明日」とは?連載鼎談には、小説家・平野啓一郎氏が登場。原広司のインタビューも必見です!

特集|建築の明日をひらく最若手の言論
―伊藤智寿「思考する施工家の可能性」
―小島弘旭「肯定力を身につけるー意味が重ね着されていく、これからに向けてー」
―大坪良樹「岡本太郎と丹下健三って誰ですか?」
―太田裕通+北村拓也「THE DAWN OF BR○UTE」
―安田大顕「地球を設計する時代、地球で設計する時代、ハイパーアーキテクトの時代。」
―若林拓哉「親水都市:Hydrophili-City―超群島構想による東京ベイエリアの21世紀のヴィジョン―」
―友渕貴之「視点の設計―柔らかなまちの更新方法を探る―」
―上田一樹「ジャカルタと根津-アジアの下町結婚式」
―矢野拓洋「デンマークとゆとり教育と建築」
―貴志泰正「『建築設計』を『継ぐ』こと」
―庄野航平「アイヌの座標感覚/現代社会の経路・GPSに依存した空間感覚に対する眼差しと、建築が持つ可能性の拡張」
―種田元晴「建築の憂鬱 或は 病める装美」
―馬場隆介「サステイナブルな発芽戦略」
―大山宗之「建築の汎用性~つくる人をつくるという職能~」
―廣岡周平「ヤドカリプロジェクト」
―荒井正彦「空間の再構築」
―阿部雄介+今村雄紀+守礼寿多翔太+杉本渉+福島彰人「"地域の声"は上澄み」
―中村周「釡川の風景をはぐくむ」
―岸田一輝+安藤亮介『道楽がつくる「温かい仕事」』
―木上奈都子「建築を纏う」
―津川恵理「公式的な建築が生みだす、質のメタボリズム」
―一瀬健人+野口理沙子「2.5次元のケンチクを探して」
―冨永美保+伊藤孝仁「夥しい数の出来事から、建築の輪郭をさぐる」

鼎談「ひらかれた建築のための言葉03」
平野啓一郎+竹山聖+倉方俊輔

インタビュー
「ダークマター建築論に向けて」
原広司 聞き手:槻橋修

――――――――――――――――――――
「論考 建築設計」01
水谷晃啓、滝内雄二、清水優里

編集長 倉方俊輔
編集委員 槻橋修、西尾圭悟、橋本阿季
編集協力 川上真誠、林陽一郎
論文編集委員 末包伸吾
デザイン 後藤哲也 | OOO Projects
ロゴタイプ André Baldinger | Baldinger • Vu-Huu
表紙写真 大竹央祐
発行者 一般社団法人日本建築設計学会
発行日 2016.04.30
印刷 株式会社大伸社 ライブアートブックス
定価 1,080円(本体1,000円)

ショップの評価